世界糖尿病デー

こんにちは!

少しずつ朝と夜・日中との寒暖差が広がっていく中、日曜日に雨が降って一層冬に向かっていっているなと感じる今日この頃です☃

題名にもある通り昨日でしたが、世界糖尿病デーでした。

日本でも各地でブルーにライトアップされるなどといった啓発活動と、ここ最近では”糖尿病”という言葉による印象が悪いため名前を変える動きも出てきています💪

そんな糖尿病についてを何故オレンジチームのページで掲載したのかと言うと・・・

1.様々な研究発表でされているように認知症(アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症)の発症リスクが高まること

2.実際関わった方々の既往歴に糖尿病が挙がっていることが多いこと

この2点から全く関連性のない話題ではないと思い少し違った視点から書いてみました✍

今回は、国立国際医療研究センター 糖尿病情報センターより引用していきます。

認知症に関連するページとして、↓をご参照下さい👀https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/060/01.html

糖尿病とは1型と2型、その他、妊娠した時といった世間のイメージ以外で有している方もいらっしゃいます。

→厚生労働省:健康日本21(糖尿病) はじめに から一部引用

あくまでリスクが上がるのであって、糖尿病=認知症になる、ということではない点はご理解頂きたいと思います。

私自身、糖尿病が認知症に繋がるようなイメージがなかったため初めて知った時は何故だろうと思い様々調べました🧐

糖尿病・認知症に限った話ではないですが、どんな病気であっても罹患したからといってそれで人生先が暗くなることではなく、どのように病気と付き合いをすれば自分らしく生きていくことができるのか?を考えるきっかけなのだと思います。

病気がその方を全て表すのではなく、あくまでその方の一部分でしかないということです。

気の持ちようで全て変わるとは言えないですが、気持ちで変わる部分もあると思います。

そんな簡単な話ではないことは重々承知の上ですが、受けられる治療やケア、周囲の関わりからご自身の気持ちの変化が起きると、認知症に関わる視点から考えました💭

様々気になったこと等あれば本日引用したページ以外にも病院や公的な所から様々な情報発信をしています。

ご自身が見やすい媒体・・・インターネット・書籍・ご自身やご家族の体験を記載しているものもありますので、まずどういうものかを知ることから始めてみてください😄

アルツハイマー月間②:家族について

①の若年性認知症の時と同様に、言葉で何かを書くよりもテレビ等が特集しているものが一部You Tubeで動画を上げていたのでそのまま貼っています(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

ご家族と一言で言っても、配偶者なのか子なのか親戚なのか親なのかきょうだいなのか・・・

立場によって感じ方なども変わると思います。

様々な角度から動画をいくつか掲載しました🏳‍🌈

あくまで大変、ということを言いたいのではなく、様々な角度から見える当事者家族と言われる方達を知ってほしいという啓発です。

https://youtu.be/Tic181zjKJw

👆 直接のリンクができない仕様だったので、リンクを貼りました🤗

もう1つの課題として、18歳未満の子どもが家事や介護を担っている”ヤングケアラー”ということも挙がります。

少しずつ認知度が高まっており、様々なところが支援や関係機関と連携を図っていくことが進んでいます。

厚労省が作成しているページ(ヤングケアラーとは?・様々な調査・当事者団体や支援機関について)のリンクも貼っていますので、是非一度ご覧ください😎

参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/young-carer.html

実際、当チームに相談を頂くのもご家族からのケースは年々増加しています。

当チームへの相談は、認知症に絡む相談ですが一緒にご自身の生活などについての不安を伺うこともあります。

私たちは、ご本人の支援だけではなく適宜状況に応じてご家族に対する支援の橋渡しや何かを一緒に考えるといったこともすることができます。

家庭はそれぞれの歴史、形があります。

そこに状況が変わったからといって第三者である私たちがいつでもスムーズに介入ができるのではありませんが、それでも何かできることはないか?を一緒に考えていきたいと常に考えています💭💭

少しでも何か良い方向に向くことができるお手伝いができればと思います!

普段と変わらないですが、何か聞いてみたいこと、相談してみたいことがあれば気兼ねなく電話やメールにて連絡を下さい☺☺

アルツハイマー月間①:若年性認知症について

こんにちは(*’▽’)

9月はアルツハイマー月間ということで啓発も兼ねて、若年性認知症と家族支援について書いてみようと思います。

それぞれ内容が異なるため2つに分けました👐👐

そしていつも文字が多めになってしまうため、様々なテレビ局が取材・密着している動画を掲載してみることにしました🎞

※一個人が転載したものではなく、きちんとテレビ局等公式がupしているもののみ掲載。

一言に、”認知症””若年性認知症”といっても様々な症状、様々な形があるため知って頂くことに重きを置いて動画を掲載します!

ご高齢の方と比べると挙がる課題が異なります。

そして、現在国の施策がご高齢の方と比べると足りない部分が多く広範囲に渡る制度の利用等が検討されることが多いです。

しかし、少しずつ変わっており令和3年度厚労省より”若年性認知症における治療と仕事に関する手引き”が作成されました👀

認知症=介護をされる人、ではなく私たちと同じ地域で生活をする人、同じ社会で生きている・働く人でもあります。

ただ現実問題は、なかなか働くことを継続することが難しく退職を余儀なくされるケースが多いです。

※何らかの認知症と診断され、すぐに退職ではなく業務軽減や配置転換等の対応を経て退職する方もいらっしゃいます。

働く=金銭が絡む問題が発生します。

お子様がいらっしゃる方は必要な学費・進学費用など、ご両親が介護を受けないといけない状態であれば介護費用等・・・💸

もちろん金銭だけの話ではなく、自宅以外に過ごす場所がない・様々な手続きをどうすれば良いのか?今後の生活をどう過ごせば良いのか?等を相談できる場所が分からないといったことも課題として挙がる事柄です😥

ご高齢の方もそうですが、若年性認知症と診断されたけど今後の生活どうすれば良い?、もしかしたら若年性認知症なんかもしらん・・・等少しでもご不安なことがあり西成区内にお住まいの方は一度電話やメールにてご相談下さい!

実際の生活や今後どう過ごしていきたいのか、それは生活もそうですしお仕事も含めて一緒にどういったことができるのか、どういった制度が使えるのか等を考えていきたいと思います💪💪

電話📞 06-6651-6000

数日中に返信致しますので、少々お待ちください!