世界糖尿病デー

こんにちは!

少しずつ朝と夜・日中との寒暖差が広がっていく中、日曜日に雨が降って一層冬に向かっていっているなと感じる今日この頃です☃

題名にもある通り昨日でしたが、世界糖尿病デーでした。

日本でも各地でブルーにライトアップされるなどといった啓発活動と、ここ最近では”糖尿病”という言葉による印象が悪いため名前を変える動きも出てきています💪

そんな糖尿病についてを何故オレンジチームのページで掲載したのかと言うと・・・

1.様々な研究発表でされているように認知症(アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症)の発症リスクが高まること

2.実際関わった方々の既往歴に糖尿病が挙がっていることが多いこと

この2点から全く関連性のない話題ではないと思い少し違った視点から書いてみました✍

今回は、国立国際医療研究センター 糖尿病情報センターより引用していきます。

認知症に関連するページとして、↓をご参照下さい👀https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/060/01.html

糖尿病とは1型と2型、その他、妊娠した時といった世間のイメージ以外で有している方もいらっしゃいます。

→厚生労働省:健康日本21(糖尿病) はじめに から一部引用

あくまでリスクが上がるのであって、糖尿病=認知症になる、ということではない点はご理解頂きたいと思います。

私自身、糖尿病が認知症に繋がるようなイメージがなかったため初めて知った時は何故だろうと思い様々調べました🧐

糖尿病・認知症に限った話ではないですが、どんな病気であっても罹患したからといってそれで人生先が暗くなることではなく、どのように病気と付き合いをすれば自分らしく生きていくことができるのか?を考えるきっかけなのだと思います。

病気がその方を全て表すのではなく、あくまでその方の一部分でしかないということです。

気の持ちようで全て変わるとは言えないですが、気持ちで変わる部分もあると思います。

そんな簡単な話ではないことは重々承知の上ですが、受けられる治療やケア、周囲の関わりからご自身の気持ちの変化が起きると、認知症に関わる視点から考えました💭

様々気になったこと等あれば本日引用したページ以外にも病院や公的な所から様々な情報発信をしています。

ご自身が見やすい媒体・・・インターネット・書籍・ご自身やご家族の体験を記載しているものもありますので、まずどういうものかを知ることから始めてみてください😄

アルツハイマー月間①:若年性認知症について

こんにちは(*’▽’)

9月はアルツハイマー月間ということで啓発も兼ねて、若年性認知症と家族支援について書いてみようと思います。

それぞれ内容が異なるため2つに分けました👐👐

そしていつも文字が多めになってしまうため、様々なテレビ局が取材・密着している動画を掲載してみることにしました🎞

※一個人が転載したものではなく、きちんとテレビ局等公式がupしているもののみ掲載。

一言に、”認知症””若年性認知症”といっても様々な症状、様々な形があるため知って頂くことに重きを置いて動画を掲載します!

ご高齢の方と比べると挙がる課題が異なります。

そして、現在国の施策がご高齢の方と比べると足りない部分が多く広範囲に渡る制度の利用等が検討されることが多いです。

しかし、少しずつ変わっており令和3年度厚労省より”若年性認知症における治療と仕事に関する手引き”が作成されました👀

認知症=介護をされる人、ではなく私たちと同じ地域で生活をする人、同じ社会で生きている・働く人でもあります。

ただ現実問題は、なかなか働くことを継続することが難しく退職を余儀なくされるケースが多いです。

※何らかの認知症と診断され、すぐに退職ではなく業務軽減や配置転換等の対応を経て退職する方もいらっしゃいます。

働く=金銭が絡む問題が発生します。

お子様がいらっしゃる方は必要な学費・進学費用など、ご両親が介護を受けないといけない状態であれば介護費用等・・・💸

もちろん金銭だけの話ではなく、自宅以外に過ごす場所がない・様々な手続きをどうすれば良いのか?今後の生活をどう過ごせば良いのか?等を相談できる場所が分からないといったことも課題として挙がる事柄です😥

ご高齢の方もそうですが、若年性認知症と診断されたけど今後の生活どうすれば良い?、もしかしたら若年性認知症なんかもしらん・・・等少しでもご不安なことがあり西成区内にお住まいの方は一度電話やメールにてご相談下さい!

実際の生活や今後どう過ごしていきたいのか、それは生活もそうですしお仕事も含めて一緒にどういったことができるのか、どういった制度が使えるのか等を考えていきたいと思います💪💪

電話📞 06-6651-6000

数日中に返信致しますので、少々お待ちください!

事例を通して

こんにちは😉🌞

連日、とてつもなく暑い日が続いていましたι(´Д`υ)

マスクを一定の距離が保つことが出来る、話さないのであれば、屋外では外すということになり、時間が経ちました😷

昨年に比べると、屋外で外して移動している人が増えたように感じます。

マスクを着用したまま”かくれ熱中症”になるより、一定の安心が担保されている環境下での変化も受け入れつつ、体調に気をつけて過ごす今日この頃です。

しかし、まだまだ熱中症アラートが出るような暑さは続いているので、コロナには気を付けつつ体調に気遣うような生活を送りましょう😊

そして今日は、事例を通してと題名に書きました✍

実際に様々な人たちから相談を頂く中で、オレンジチームとして過去対応を行った事例を発表する機会がありました🎊

大阪公立大学医学部附属病院にて開催されている”症例検討会”という定期的に開催されている会に、事例発表を2つ行いました💻

その中で参加されている医師の先生や看護師さん、他区のオレンジチームの方からコメントや質問があり、普段そういった機会があまりないためとてもいい機会でした!

関わっている時は、ひたすら前を向いて関わり続けますが、介護サービスを利用する等に引き継ぐと関わりは終了します。

※時と場合によっては、適宜相談に対応したり必要な機関への引継ぎ等の関わりを行う時もあります。

振り返りつつ、様々な人たちを共有し検討を行う機会はとても少ないこともあり、ただ事例を振り返るだけでなく違う立場の方から見てある点の関わりはどうなのか?という意見をもらうことができるなどの利点があると感じます。

それは、私たちが今後相談を頂き関わる方達に提示できる選択肢を増やすことができたり、一緒に考えることができる時間・内容を現状よりももっと増やすことができると思うため、こういった機会は自身の研鑽にも繋がると思っています🥰✨

私の思い全開でしたが、今後も様々な方達から様々な相談を頂くと思います。

その際に何かしら還元ができるかな?と感じた時間でした⏲

来月9月は、世界アルツハイマー月間です🍊

普段は、ご高齢の方の認知症に関することについてよく書くことが多いですが、認知所はご高齢の方の病気ではなく誰しもがなる可能性がある病気です。

聞いたことがあるかもしれないですが、”若年性認知症”に関すること”ご家族に対する関わりや支援”についての2つを書いてみようと思います☺💭

若年性認知症は若いからということで、違う病気との診断・利用できる制度が幅広く難しい等の課題があります。

その事柄がご家族が担うことが多く、課題が増えていくことがよくあります。

若年に限らず、認知症に限らずの話ですが、ご本人やご家族、何かしたに繋がった後の支援者さんだけで抱えず、何か微力でも力になることができることもありますので、少し話をしたい・話を聞いてほしい・今こういう状態だがどうしたら良い?どういった制度が使えるのか?などなど・・・、気になることがあればお気軽に下のお問合せフォームよりメールを飛ばしてもらえればと思います👇👇👇

数日中に返信致しますので、少々お待ちください!