10/10は何の日?💭

こんにちは!

台風🌀🌧が近畿から去っていきましたが、各所土砂災害の危険性が高かったり、まだ台風による影響が続いている地域がある中で、皆さまはどうでしょうか?(´;ω;`)

年々、災害が遠いものではなく、より近いものになってきていると強く感じる今日この頃です(´・ω・)

ところで題名に書いている本日10/10は何の日か知っている方はいますか?

私も知らなくて、たまたまSNSで拝見し知りました。

世界メンタルヘルスデー”という日です📅

世界精神衛生連盟(WFMH)が、1992年よりメンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として制定された日です✍

上のURLは、特設ページがあるのでもし興味がある方はチラッと見て下さい👀

何故、このページでこの事柄を書いたかというと!(^^)!

昨今新型コロナウイルスのことで精神的にしんどさを感じる方が増えていると感じることや、精神疾患や障害というものは誰にでもなる可能性があることや、周囲の理解が得られることで心のしんどさが改善されたり、生きづらさが緩和されたり、普段の生活で何を気をつければ良いのか…など

精神科ってどこか特別なものではなく、少ししんどいなって感じた時などもっと気軽に感じてほしいなと思い敢えて書いてみました。

認知症かな?と思っても、一時的なストレスや環境の変化によるものから認知症状のようなものが出たりすることもあります。

認知症を発症することで、精神的にしんどくなってしまい精神症状が出ることもあります。

ご本人だけでなく、支えているご家族など周囲の方もしんどさを感じ、精神症状が出るといったこともあり得ます。

※上記は必ず全ての方に当てはまるものではないです。症状や環境は人それぞれです。

何事もすぐには解決しないかもしれないですが、どこかに相談をして頂くことで少し光が見えたり、どこに向かっていけば良いのかを一緒に考えることもできることもあるので、認知症なのかな?とお悩みのご本人やご家族は、オレンジチームや地域包括支援センターへ一度ご相談下さい!☺

世界アルツハイマーデー🌎

こんにちは☺

本来の日にちからは遅くなってしまいましたが、タイトルの”世界アルツハイマーデー”って聞いたことがありますか?

世界アルツハイマーデーは9/21、この日を含めて9月は世界アルツハイマー月間となっています🌙

この言葉を知らなくても、例えばお住まいの地域やニュースでその街のシンボルとなっている建造物や病院など様々な場所をオレンジに照らされている姿を見たことがあるかもしれません。🍊

オレンジ色にすることで認知症・アルツハイマーについて興味を持ってもらおう、知るきっかけになれば良いななど啓発活動の一環で行われています。

今日は、上記のように認知症についての啓発活動の一環として、認知症なのかな?と気づく目安を紹介できればと思います💭💭

ただ今のご時世、インターネットや書籍から情報は簡単に知ることができ、”認知症なのかな…?”と感じた時に検索すると思います🔍🔍

そのため情報とはたくさん出てきますし、同じようなことが掛かれているけどもどれが正解でどれがどうなんだろう・・・と多すぎてよく分からなくなってしまうことは認知症の事柄に限らずあることだと思います。

そこで今日は、より近い目線で分かりやすい目安をご紹介します(^^)/

公益社団法人 認知症の人と家族の会”は知っているでしょうか?

このHPにてご紹介されている”家族がつくった 「認知症」早期発見のめやす”があります。

出典:公益社団法人 認知症の人と家族の会 作成
日常の暮らしの中で、認知症ではないかと思われる言動を、「家族の会」の会員の経験からまとめたものです。医学的な診断基準ではありませんが、暮らしの中での目安として参考にしてください。 いくつか思い当たることがあれば、一応専門家に相談してみることがよいでしょう。

このデータがあるページへ直接飛ぶリンクを貼っていますので、是非一度ご覧ください!(*’▽’)✨

このように支援に携わる側だけでなく家族というより身近な立場から見た”認知症”について少し触れてみるのも、”知る”ことの1つではないかな?と思います(*’ω’*)

今回はこういった形での広報をしてみました!✨

ここから何故認知症=オレンジ色なのか?や、この世界アルツハイマーデーはいつからどういう成り立ちで始まったものなのか?も調べてみてはいかがでしょうか?

今後も何か広く広報してみたいなと思うことがあれば記事として書いてみたいと思います ^^) _旦~~

オレンジサポーター地域活動促進事業について

こんにちは。

今回は、令和2年度より開始された認知症施策の新しい事業のご紹介です。

これまでにも認知症の施策として、認知症サポーター、認知症カフェ、認知症ケアパス、認知症初期集中支援チーム、認知症地域支援推進員…etc. と、数々の事業が行われてきました。

そして、本年度より「オレンジサポーター地域活動促進事業」という新たな事業が始まりました。

オレンジサポーター地域活動促進事業とは?

認知症の人やその家族と支援者とを繋ぎ、認知症の人が住みやすい地域となるように、ボランティアや企業・団体など、地域の様々な資源を活用していく事業です。

そしてこの事業には以下の4つの枠組みがあります。

1.認知症地域支援コーディネーター

2.オレンジサポーター

3.ち~むオレンジサポーター

4.オレンジパートナー

・認知症地域支援コーディネーターとは

「オレンジサポーター」やオレンジサポーターの集まりによるチーム(ち~むオレンジサポーター)の認知症の人への支援を行うことができるように調整や助言を行う者。 また、支援者と支援希望者とを繋ぐだけでなく、認知症の人にやさしい取り組みを行う企業等を「オレンジパートナー」として「ち~むオレンジサポーター」との連携を図り、社会貢献活動を促進させていく者のこと。

・オレンジサポーターとは

認知症サポーター養成講座を受講後、ステップアップ研修を受講した者のこと。 見守りや外出支援、認知症カフェ等でのお手伝い等を行ってもらいます。 ※認知症サポーター(認知症に関する正しい知識と理解をもち、地域や職域で、認知症の人や家族に対してできる範囲で手助けをする人のこと)

ち~むオレンジサポーター(仮)とは

オレンジサポーターで構成される、認知症の人やその家族を中心に、地域の人や支援者、企業などが共に支える仕組みをもった地域全体をチームと捉えた団体のこと。  ※チーム名は自由に設定可能です。

オレンジパートナーとは

認知症の人にやさしい取り組みをしている企業・団体のこと。 やさしい取り組みとは、例えば、認知症についての理解があり、声かけや手続きの支援を行っているなどです。 この取組みを発信していくことで、その輪が広がり、認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる社会の実現をめざしていく。

認知症地域支援コーディネーターが、上記4つの枠組みを上手く連携させながら、認知症支援の促進を図っていきます。 また、認知症地域支援コーディネーターの活動の一つに、地域に住まうオレンジサポーターの取りまとめやオレンジパートナーの登録勧奨があります。

もし本記事を読まれた西成区内の認知症サポーター(オレンジリングを持っている方)や認知症の人へのやさしい取り組みを行っている企業・団体様がございましたら、ご一報いただけると幸いです。

連絡先:玉出包括支援センター

06-6651-6888

認知症地域支援コーディネーター 竹垣 まで