相談について💭

こんにちは!🌞🌞

とてもとても暑い日が続いていますが、冷房機器等使いながら元気にお過ごしでしょうか?

来週、8/2~再度緊急事態宣言が大阪にも発出されるとのことです。なかなか落ち着かない状態が続きますね( ;∀;)

昨年できなかったオリンピック💪🏅も始まり、様々なドラマがある中で新型コロナウイルスが猛威を振るっており自国開催ながら複雑な心境です💭

オレンジチームには、昨年に比べると少し減っていますが様々な機関やご家族からお電話での相談を頂きます📞

本日は、この”相談”について書いてみようと思います(/・ω・)/✨

そもそもオレンジチームって何?という話ですね(; ・`д・´)簡単な説明は、このHPのトップに3つに分けて掲載しています👀

とても簡単にいうと、認知症に関する相談を受ける機関となります💭💭

相談を伺うのは広く、公的な相談機関(例:地域包括支援センター・役所など)、ケアマネージャー、医療機関(開業医の先生・大きな病院・薬局など)、地域の民生委員の方、ご近所の方などから相談を伺います👤👤

オレンジチームによる介入は、どういったことを行っているかというと認知症に関する医療的な視点の介入です。

そのため、福祉職と医療職が一緒に訪問や支援を行っています🏠

では、実際にどういった相談を頂くのか?と言うと、認知症ではないか?と感じる何らかのエピソードがあった時に連絡を頂くことが多いです。

そのエピソードは様々ありますが、多いのはもの忘れが年齢を重ねて出てきたものなのか・脳の萎縮によるものか・別の病気からの影響なのかを一つの可能性に限定せずに一緒に検討を行う機関と捉えて頂ければ良いのかな?と思います(^^♪

ただオレンジチームとは、”認知症初期集中支援”であるためどのようなケースでも介入が可能というのではありません。

ここでいう”初期”という言葉は、①認知症の初期 ②支援介入の初期 という2点が挙げられます☝☝

ただどういった時や場合が、この”初期”という概念にあたるのかは相談内容によって異なります。それは例えば、今の置かれている環境など様々なことが人それぞれ違うからです。

そのため、お気軽にご相談頂きたいと思います(*’▽’)♩

大まかな相談を受ける時の基準については、このHPトップにある”対象となる方は?”というページを一度ご覧ください👀

相談については、このHP内のお問合せフォームからも受け付けていますので電話だと時間や様々な都合でしにくい場合に、ご活用下さい📧

もちろん電話でのご相談も受け付けております。ただ営業時間内の対応となりますので、その点は事前のご了承頂いたうえでご相談下さいね📞

梅雨の到来🌧☔

こんにちは!

5月に入り緊急事態宣言も延長となりなかなか落ち着かない今日この頃です( ;∀;)

そんなこんなで早めの梅雨入りとなりほとんど毎日が雨ばかりで尚更外に出たくなくなる日々が続いています🏠

そのため体調を崩しやすい微妙なシーズンだと思いますが、体調はいかがでしょうか?春先の昼夜の寒暖差とはまた違った湿気や夏日の到来などがあり少しずつ夏になりつつあると感じるような日々だと思います。

ご高齢の方は少しずつワクチン接種が始まっていると思います。

かかりつけの先生や大規模会場、各区の会場など様々な場所で打っていくと思います。その予約方法も電話だけでなくインターネットやLINEを使用した方法もあり、これも一つ時代の流れなのかなとニュースや話を聞きながら感じていました💉🏥

いますぐは難しいですが、これを契機に少しずつコロナ流行前の日常へ戻るのかなどうなのかなと感じる日々です。

今まで日常的に開催されていた地域での集まりや様々な催しも感染対策を行って開催するところ、流行以後全くできないところ、様子を見ながら開催したりできなかったりなところ、様々な場所があります。

少し身体を動かすために百歳体操、少し気晴らしにふれあい喫茶など地域ではこれ以外にも様々な”居場所”がありました☕

まるで遠い昔のような感覚さえ持ってしまうほどです。

こういった居場所は行かれているご本人だけでなく間接的にご家族や周囲の方にとっても大切な場所です。

身体の健康だけでなく精神的な健康の両方があってこその健康であると思うため、少しずつ感染が収まりご高齢の方だけでなく様々な方にとって少しずつ安心し過ごしやすい世界になるように🌎

上記はかなり規模が大きな話ですが西成区内で少しでも何かどこかの力に、微力ながらでもなることができれば良いなと思います(*‘∀‘)✨

認知症に関するご相談はお気軽にお電話・このHPのメールフォームよりご相談下さいね(*^-^*)

認知症対応力向上研修②を開催しました🎉

こんにちは!

早いもので、今日で2020年度が終わりますね。

そして、年が開けてから3か月…1年の1/4が経過しました。

ここ最近は、オレンジチームへ相談頂くことも増えています☎

少しでも気がかりであったり、どうなのかな?と思い相談下さることはとてもありがたいです。

相談を頂く先というのは様々で、同居・別居関わらずご家族、地域包括支援センター・ブランチ、医療機関などなど・・・(^^)

年々、様々な方にオレンジチームという名前を知って頂くことが増えているように感じます。ありがとうございます。

相談というものは、簡単にできることではないと思っているため電話📞・このホームページのメールフォーム✉・直接お会いした時👥などツールは様々です。

何か現状が変わるきっかけにチームでの関わりがなると良いなと思いながら、ご相談を伺ったり、携わっています。

何かが変わるということは、分かりやすく介護保険サービスや医療サービスへ繋がることだけでなく、関わった方の不安や心配なことが1つ減ったり気持ちが軽くなったりといった目に見えないことも含まれていると私は思っています💭

少し話しを表題のものへ変えようと思います🌀🌀

3/9に福祉従事者向け研修としてZOOMを使用したオンライン+別会場を使用したライブビューイングの所謂ハイブリット型研修を開催しました💻📹

想定以上に申し込みを頂きたくさんの方にご参加いただきました。

内容としては、山本第三病院 総副院長である新谷 雅司先生による『認知症の疾患別特徴と対応のポイント』についてご講義頂きました✍

また講義については、後日限定公開という形でこちらのホームページより配信ページを公開致します。

その際に、資料と視聴後アンケートもご案内致しますので各自でご確認頂ければと思います。

”認知症”という言葉は年々浸透しており、認知度も上がっていると体感します。

しかし、持たれているイメージは偏ったものも多いので医学的観点からの”認知症”を少しでも知って頂けるとご自身で抱いていたイメージが変わるかもしれません。

オレンジチームでは、実際の支援に携わることが多いですがそれだけではなく様々な場所や人に対して、”認知症”という病気のことや心理面のことなど幅広く話すことも担っていることの一つです。

新型コロナの第4波が来ている時に言うものではないかもしれませんが、規模関わらず西成区内で少しでも認知症のことを知りたい・聞いてみたいという方や団体の方がいらっしゃれば、お伺いしてお話させて頂きたいと思っております。

その場合は電話でもメールでも気軽にお問合せ下さい。

内容に応じてオレンジチームだけでなく、担当地域の地域包括支援センターなどと一緒にお伺いができればと思っています。

長くなりましたが、これにて終わろうと思います。

ようやく寒い冬から春への季節が変わり、桜も満開であるとニュースで聞く時期へとなりました。

まだまだ新型コロナは落ち着く様子は見えないですが、ウィズコロナということで健康に配慮しながら過ごしていけますように🌸